• ATELIER HAYATO NAKAZAWA

アトリエ近況と世界の国旗を彩る私。『グローバル人材』が叫ばれる昨今、あなたは今日何をする…?

更新日:6月29日

暑い日が続いております。


毎日30度を超える炎天下ですが、そんな外気よりも『僕の心は熱いんです!』とか絶対ならないですね。


どちらかというと私の心は随時北海道の『礼文島』みたいな感じです。

その心は…なんか本州から離れてポツンとしてて、沖縄みたいなメジャーホットスポットでもない、涼しいけどちょっと外れてるよね、みたいな感じです(笑)


そんな暑さもうだる熱帯夜に、生徒様の作品制作補助をすることになっていたのですが、業務時間内に終わらなかったので自宅に持って帰って作品を仕上げることになりました。

木のポールに世界の国旗を散りばめて、穴を開けてそこに紐を通してハンモックを作るらしいです。(もう一本のポールは既に完成しています。)


ご本人にこれは『世界を股にかける男』的なイメージなんですか?と聞いたら『全然違う』と言われました(笑)


で、期日がかなり迫っており、次の作品のこともあったので(めっちゃタイトなスケジュールの小学生が依頼主です)最期は私が一部手を加えて完成させることになりました。


何がなんでも間に合わせなきゃならないので親御様に『じゃああと私やっとくんでいいですよー』とか気軽に言ったら、思いの外すごい大変で神経使いました。できた時の達成感、半端なかったです(笑)


途中何度も『午前三時になんで俺はブラジル国旗を塗っているんだ…?』とか思うことがあったのですが、とにかくあまり深く考えず一刻も早く完成させることだけを意識しました。余計な思考が浮かんだときは即遮断して(これは自分の作品を作るときも全く同じです)考えてると本当に手が止まって朝が来てしまうので、俺は機械だと思いながらやっていました。


ブルース・リーの『考えるな、感じるんだ』というフレーズを何度も反復しながら世界の国旗を塗っていたので、昨今流行りの『ワールドワイド』『グローバル人材』というキャッチフレーズが頭に浮かび、これを完成させたら自分もそうなれるような気になって塗っていました。

しかし、実情は全くもってグローバル人材などではなく、完全に一人鎖国状態になっていました(笑)


気づけば外がうっすらと白ずんでいるし…。


描いてる最中はずっと『一体この鎖国はいつ解けるんだ!?』『ペリーよ、早く来てくれ!』とか思っていました。


塗っても塗っても終わらない!!!自分の作品描くのを放置してこちらの作品を最優先に進めていましたが、講師は自分の個展前より必死だったと思います(笑)


これは自分ごとではなくて依頼主(生徒様)の事がかかっているので、失敗は許されない!と。もう感覚的には戦国大名から依頼を受けた町絵師が、失敗したら首が飛ぶような必死さです。


あとフィリピンの国旗を塗っているときはちょっと感慨深かったです(笑)なれのはて 『ドン底で、笑う』


で、そんな熱帯夜に出来上がった私と生徒様のコラボ作品はこちらです。

完成作品を見て、ちょっとロニ・ホーンみたいだな、とか思いました(笑)

*勝手に好きな作家紹介100選(3) ロニ・ホーン『水の中にあなたを見るとき、私はあなたの中に水を感じる?』

こんな感じでいつもアトリエとは関係ない話ばかりしているので、たまにはアトリエの近況を載せたいと思います。


現在在籍している生徒様は日本画を描く人とデッサンの人が半々くらいです。

日本画は非常に地味で淡々とした作業が制作の大半を占めます。

必要なのはセンスよりもどちらかというと忍耐力のような気がします。

息を止めて静かに色を置きます。塗るのではなくて、『置く』という感覚が大事です。

昔の日本画はまず習い始めの最初の一年は「線を引くだけ」みたいな感じで、料理の世界みたいに最初の何年は包丁を握れないみたいなところがありましたが、そんなことしてたら誰も来ないのでウチではそういうことはやりません。

お金払って線引くだけとか、商店街のみかじめ料より理不尽でしょう(笑)


こちらはデッサン作品です

ご入会して4作品目の方の作品です。

こういうボトルはロゴを綺麗に描くと印象が非常に良くなります。

今年の干支をモチーフにした作品です。色が現代アート的でカラフルなところが素敵です!

色付き箔を貼った日本画の作品です。地塗りが終わったところです。昨今こういう現代風の人物画は人気です。線引くの上手すぎじゃない…?

あと先日、生徒様からさくらんぼをいただきました。


アトリエの皆様といただいたのですが、めちゃくちゃ美味しかったです。私はさくらんぼは十数年ぶりに食べました。絶対自腹ではさくらんぼなんて買わないので、心なしかさくらんぼが輝いていました(笑)

こういうのを食べて、なんかリラックスして絵描くのもいいよねと思い、来月末(7月)の第五日曜日は通常お休みですが、追加レッスン日としてレッスン開講を予定しています。


午前、午後でクラスを開校し、午後のクラスの後には『カヌレを食べる会』とか『千疋屋のゼリーを食べる会』とか、何かしらそういうこともやりたいと思っています。

*料金詳細は後ほどアトリエの方には送ります。


他にも下半期は、


『マドレーヌを紅茶に浸しながら水彩画を描く会』


とかやりたいと思っています(笑)


ちなみにこれはふざけているのではなくてプルーストの『失われた時を求めて』にかけています。

早くも7月になり時間があっという間に過ぎていきますが、失った時間は戻りません。

私の年齢くらいになると『人生こんなはずでは…』みたいにいう人が出てくるのですが、過去を悔やむより未来を楽しみましょう!!


何度も言いますが失った時間は求めても戻りません。というか悲しいパラドックスであることに『失われた時を求めて』も、求めてる間に時間はさらにどんどん失なわれ続けていってしまいます!(笑)


ということで下半期は、そんな過去を振り返る余裕がなくなるくらい鼻血が出るほど楽しいイベントを企画したいと思います!!


乞うご期待!!